ホーム

天国で行われた試合です。 私のナレーションスタジオと私。 毎日笑顔で仕事をしています。 私は本質的に声優です。

それはすべて、90年代に初めてラジオスタジオを訪れたとき、地域のラジオ局で働いていた友人に加わったときに始まりました。 そこで、ラジオへの愛情、そして私の声を録音して使用することへの愛情が本当に高まりました。

今日、私は自分のハイエンドスタジオを持っており、大小を問わずあらゆる種類の物語を語っています。 スタジオだけでなく、私がしている仕事は、毎日また幸せになります。